理学博士(Dr. rer. nat.)

クラウス・ミヒャエル・マイヤー

ドイツ弁理士
欧州特許弁理士
欧州商標・意匠弁理士

 

産業財産保護の主な業務

フランスのお客様を多く担当、パリ事務所開設にあたって中心的役割を果たす。特許侵害訴訟とライセンス関連における長年の経験を誇る。10年以上にわたりFICPI(国際工業所有権代理人連合)のDOC委員会のメンバー。

 
技術的背景

ケルン大学で物理を専攻。ノルトライン=ヴェストファーレン州のユーリッヒ研究センター(旧ユーリッヒ核研究所)にて、電子部品のための薄膜製造と特徴に関する研究で博士号を取得。.

 
物理、核技術、機械工学、半導体技術、電気工学の分野を専門に取扱う。

 
ミュンヘンならびにパリ事務所のパートナー

 

お問い合わせ


 

 

Beetz & Partner mbB - Patent- und Rechtsanwälte - Steinsdorfstr. 10 - D 80538 München
Tel. ++49 89 21689100 - Fax ++49 89 21689200 - www.beetz.com - info@beetz.com