大学教授、理学博士(Dr. rer. nat.)

ヴェルナー・シュミット・フミアンド

イツ弁理士
欧州特許弁理士
欧州商標・意匠弁理士

 

産業財産保護の主な業務

弊所の化学・バイオテクノロジー作業グループを率いる。

特許、実用新案に関わるあらゆる手続きの代理人を務め、特に、製薬・化粧品分野の国際企業グループのコンサルティングを受け持つ。特許侵害訴訟やライセンス交渉における豊富な経験。

技術的背景

カールスルーエ工科大学、ミュンヘン工科大学で化学を専攻。後者にて、博士号ならびに教授の資格を取得。長年にわたって研究・教育に携わる。ミュンヘン工科大学の化学科の教授。

化学(物理化学、工業化学、プロセス技術、マクロ分子化学、有機・無機化学、触媒作用等) とバイオテクノロジー(生物物理学、薬理学、生物学、遺伝子工学、プロテオーム解析、診断学、植物品種保護、化粧品等)の分野の他、表面物理学、鉱物学、 結晶学、材料工学、治金学、リアクター技術、医療技術、制御技術、電子顕微鏡検査、電子工学も得意とする。

ミュンヘン事務所のパートナー

お問い合わせ

Beetz & Partner mbB - Patent- und Rechtsanwälte - Steinsdorfstr. 10 - D 80538 München
Tel. ++49 89 21689100 - Fax ++49 89 21689200 - www.beetz.com - info@beetz.com